2011年11月10日

管内視察・西播磨




今日は管内調査で西播磨地域に来ています。

まずは佐用町にあるさよう子育てセンターに行きました。


2年前にできたばかりのこの施設は、県内材をふんだんに使った素晴らしい木造のセンターです。

保育園も併設され、100名以上の園児が通っています。

子どもを園に預けている間に、センターで子育てのいろんな相談をしたり研修を受けたりする方々も多いそうです。

まさに併設のメリットですね。


木造の立派なセンターで、佐用町長にじきじきに説明をして頂きました。


町長がいかに力を入れた事業かがうかがえます。


入り口に近いところには、子育てに対する教訓として素晴らしい言葉が掲げてありました。
「子育てを外注に頼っていたら子どもは育ちません…」と



人口2万人弱の佐用町においても、少子高齢化は深刻な問題で、町内に15もある保育園の集約が課題だそうです。


明石ではいまだに市西部では待機が多いですが、近い将来、同じような問題が起こるんでしょうね。


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。