2011年10月26日

本会議終了、そして…




第310回兵庫県議会が本日終了しました。


今議会は35日間の日程で行われ、また私にとりましては県議として初めて本会議質問に立ちました。

多くの方々に傍聴にもお越しいただき、記憶に残る議会となることだと思います。


無事終了と思ったら、その後すぐに自民党県議団の専門調査会がありました。

一期の私達にとっては初めての会だったんですが、自民党県議団では議員の見識を広げるということで、いろんな専門分野の講師による勉強会を開催しています。


今日は金融に関する専門調査会で、講師には草野グローバルフロンティア株式会社の代表である草野豊己氏でした。


草野氏は、神戸大学を卒業後外資系金融機関の日本人トップを歴任。
ロスチャイルドやソロス・ファンドなどの日本人初の投資アドバイザーとしても知られています。

各局のテレビにも多数出演され、経済紙にも論文を多数出されておられます。


さすがに時間を忘れるような興味深いお話でした。

日本をいかに復興・再生するか、どうすれば企業や個人が資産を防衛できるかなど、不確実性が高まる中でいかにピンチをチャンスに変えるか?

現在混迷している国際金融市場の状況を交えお話しをいただきました。


印象深かったのは「孫子の兵法」の話で、そのなかには指揮官の五つの危険が書かれているとのこと。


1、思慮に欠ける者は殺される。
2、勇気のない者は捕虜にされる。
3、短気な者は計略に引っかかる。
4、清廉潔白な者は罠に陥る。
5、人情深い者は苦労が絶えない。


ということでした。


肝に命じて、「孫子の兵法」も学ばなくては!


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。