2011年09月15日

兵庫県医師会と懇談会




兵庫県医師会との医療政策に関する懇談会がありました。


立派な兵庫医師会館で、県の医師会会長以下、多くの役員の方々と意見交換をしました。


医師会は特に緊急医療政策の必要性を訴えられました。

これには私も同感で、今兵庫県に足りないのは、救急救命を含めた緊急医療のネットワークでしょう。


救急車が搬送先の病院をさがすのに時間がかかるような現状を、何とか良くしていきたいと思っています。


これには、消防を各市が所轄していることもあり、市域を越えた緊急医療のネットワークをつくる必要があります。


このことは、やはり県が主導してやっていくべきだと思います。


そして、医師会との連携も絶対に必要ですね。


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。