2011年09月06日

自殺予防対策




嵐も過ぎて天候も一段落の今日。
暑さもぶり返してきましたね。



ここ数年来、社会状況の不安定さもあってか自殺者の数が年々増加しています。


兵庫県では、この状況をなんとかしようと種々の施策を打っています。


そんな中、兵庫県明石保健事務所がこの度明石市健康福祉課と連携して事業を行っています。

それは、画像にあるような自殺防止の大型ステッカーを作り、JRの協力を得て明石市内の各駅の階段のステップに貼り付けるというものです。


効果の程はわかりませんが、県と市そして事業者が一体となり連携を組んでひとつの事業に取り組むことに意義があると思います。


やはり何かにつけても単独ではなく、連携を組んでやっていくことが肝要でしょう。


「明石のなかの兵庫」ですから…


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。