2011年03月13日

何かできるはず




信じがたい光景を目のあたりにして、言葉も出ません。

…辛すぎます。

東北太平洋沖大震災…

心よりお見舞い申し上げますとともに、何とか皆さんが早急に救助されますことをお祈りいたします。

阪神淡路大震災を経験した私にとっては、あの時のことを思うと、いてもたっても居られません。


何かできるはずです。できることからはじめたいと思います。

あの時もたくさんの方の暖かい、力強い助けがあったからこそ、いまの私たちがあるんですから。


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。